×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

衰えを知らない超定番アイテム!!『エルメス・コンスタンス ベルト』

エルメス「H」をバックルにしたエルメスの定番人気ベルト。バックル部分の「H」はシルバー、ゴールド、艶消しシルバーなどがあり、同じデザインでも印象がまったく違います。バックルは取り外し可能。ベルト部分は定番の黒、茶、クロコダイル、キャメルなど様々。しかもリバーシブルなので気分やTPOに合わせて使えます。エルメスのテーマーカラーのオレンジや赤、茶などカジュアルに合いそうな色との組み合わせになっているので、オンオフの使い分けが嬉しいですね♪ もちろんフォーマルでも映える高級感はそのままですよ!? 体形に合わせて長さが選べるだけでなく、ベルトの幅にもバリエーションがあります。しっかりした印象の3センチ幅、華奢な印象の2センチ幅とがあり、どちらもユニセックスなシンプルデザインで男女ともどちらでも使えます。ベルトには調節可能な穴が3つあります(間隔:約2.5cm)。

ガッシリとしたゴツめ印象の中にも洗練さあり!『エルメス・ミラージュ ベルト』

こちらもエルメスの超定番人気商品で知らない人はいないはず!? エルメス「H」のパンチングをバックルにしたエルメスの定番人気ベルト。カジュアルにもフォーマルにも合わせられるシンプルなデザインですが、バックル部分が大きめなのとポップさも感じられるパンチングはカジュアルで付けたらオシャレ度アップは間違いなし!こちらもバックルは取り外し可能。カラーは黒が定番ですが、茶やクロコダイルもあります。茶×ゴールドなんてレア物も。 見つけたら即ゲットをオススメします! リバーシブルなので気分やTPOに合わせて使えるのも嬉しいですね。体形に合わせて長さが選べるだけでなく、ベルトの幅にもバリエーションがあります。ユニセックスなデザインで男女ともどちらでもお使いいただけますよ。ベルトには調節可能な穴が3つあります(間隔:約2.5cm)。

やっぱり海外は安い!? 免税システムを駆使せよ!!

革製品の老舗を誇るエルメスベルトは、良品で作りもしっかり、大事に使えば長く愛用できることは間違いなしなのですが、やっぱり気になるにはお値段・・・。 どこの国で買うのが一番安いのか? いわずもがな原産国であり、エルメスでいえばフランス。 しかし最近のユーロ高、ドル安なんかでそれほど差がないどころか、逆転現象が起きてるところもあるそう。 ヨーロッパで買うなら空港免税店がオススメ。ヒースロー空港内免税店なんかは安いとよく聞きますね。規模が大きくて、エルメスだけでなく主要ブランドがそろっていて、どれも値段が安いことも評判のひとつみたいです。アメリカの場合は、州税がかけられます。州によって税率が変わってくるので、価格に差が出ることも。韓国は、免税店での購入だとかなり安く買えます。普段は日本の2〜3割ですが、セールのときなんかは半額近くになっていることもあるので、見逃せませんね!!

Copyright © 2007 【エルメス〜HERMES〜ベルト】小物を極めてこそオシャレ!